Skip to Content

ドバイはアラブ首長国連邦第2の都市ですが、さまざまな技法を駆使した独特のランドマークや豊かな歴史、ユニークな文化アトラクションにおいては他に類を見ません。16世紀より、ドバイには真珠取りのダイバーが大勢住み、1930年代に至るまで、この地の主な産業は真珠の輸出でした。いつの時代にも、インドへの貿易ルートにおける重要な中継地点として活躍してきたドバイは、イギリスの保護下に置かれてはいましたが、君主は貿易や通商に長けており、19 世紀から20世紀にかけて独立した首長国としての体制を確立しました。1971 年に英国がペルシャ湾から撤退すると、ドバイは近隣の 6 つの首長国とともに今日のアラブ首長国連邦を形成しました。今日、その発展的な成長とオープンなビジネス環境、空前の建築ブームによってドバイの認知度は高まる一方です。豪華な砂漠のリゾートおよびショッピング パラダイスとして、エキサイティングな刺激に溢れています。