Skip to Content

1時間
無料

先人たちは、中身に応じて風呂敷の大きさや格を使い分け、美しく、かつ、実用的な包み方を考案してきました。近頃では鞄として使われるなど、風呂敷は、用途に応じて変幻自在。贈り物の中身だけでなく、包みそのものにも感謝の気持ちを込める。そんな使いこなしまでも、ぜひご体験ください。

お客様のリクエストに応じて手配致します。ご希望に添えない場合もございますので予めご了承ください。

お問い合わせ・ご予約は075-746-5555までお電話ください。またはゲストアクティビティ担当(rc.kyoto.activity@ritzcarlton.com)までメールをお送りください。