Skip to Content

風光明媚な立地を誇る、ザ・リッツ・カールトン京都(所在地:京都市中京区鴨川二条大橋畔、総支配人:マーク・ノイコム)は、このたびアメリカ大手出版社コンデナスト社が出版する米旅行雑誌、「コンデナスト・トラベラー」が実施する「2017年 リーダーズ・チョイス・アワード」において、日本のホテルランキングの第1位に輝きました。

ザ・リッツ・カールトン京都は、ため息をつくほどの街の美しい眺望、日本庭園や東山三十六峰を臨む美しい川沿いのロケーションを誇り、2014年の開業以来、その和とモダンが調和する外観、内観で全てのお客様に類稀なるサービスを提供しています。このたび、同ホテルはコンデナスト・トラベラー誌の読者が選ぶ、「2017年 リーダーズ・チョイス・アワード」の「日本ホテル部門」にて97.86%の評価を獲得し、第1位に輝きました。

コンデナスト・トラベラー誌は、「Travel + Leisure (トラベル・アンド・レジャー)誌」や「National Geographic Traveler (ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー)誌」と並ぶ、高所得者を読者に持つ、グローバル展開をする大手旅行雑誌の一つで、ラグジュアリートラベル、ホテル、レストラン、買い物などに関する最新情報を掲載し、月間発行部数は約 81 万部にものぼります。長年に渡り実施されている、同誌の「リーダーズ・チョイス・アワード」は読者投票型の旅行業界では最も権威のあるランキングとして認識されており、旅行者の旅先決定などに大きな影響を与えるとも言われています。世界中の都市、ホテル、リゾート、クルーズライン、航空会社、空港などを対象とした様々なカテゴリーでのランキングがあり、今回は30万人以上の読者が投票に参加しました。

「ザ・リッツ・カールトン京都は、開業3年にして、旅慣れた旅行者からの投票による重要な日本のホテルランキングにおいて、第1位を獲得するという、すばらしい成果を挙げることができました。2014年の開業以来、私たちはすべてのお客様に世界一の滞在を経験していただくため、このホテル全体で他では体験できないサービスやスタイルを創り出し、洗練した雰囲気とともに提供しています」(ザ・リッツ・カールトン京都 総支配人、マーク・ノイコムのコメント)

また、京都は「世界で最も魅力的な都市」ランキングにおいても3位を獲得しており、ザ・リッツ・カールトン京都はこれからも京都を訪れるお客様に上質なサービスを提供すべく邁進いたします。

コンデナスト・トラベラー 2017「リーダーズ・チョイス・アワード」の詳細は、以下のサイトよりご覧いただけます。

https://www.cntraveler.com/readers-choice-awards/top-hotels-in-japan-readers-choice-awards-2017