Skip to Content

プレスルーム

2種類のコラボレーションメニューが、7月1日より新登場

2017年7月1日

ザ・リッツ・カールトン京都は、館内のザ・リッツ・カールトン スパにて、「美」と「健康」をテーマにしたデトックストリートメントと、イタリアで人気の 「ゼンパスタ」を取り入れたヘルシーな『美ランチ』を組み合わせた、2種類のコラボレーションプランを7月1日より提供開始いたします。

さらに詳しく

ザ・リッツ・カールトン京都 “エンジョイ・ザ・サマー”宿泊パッケージを9月30日まで提供 ~京都の夏の行事とともに、生涯忘れ得ぬ思い出を~

2017年6月27日

ザ・リッツ・カールトン京都では、いにしえの風情ただよう夏の京都の行事や雰囲気を満喫していただける「2017夏限定 エンジョイ・ザ・サマープラン」を本年6月よりご提供開始いたしました。

さらに詳しく

ザ・リッツ・カールトン京都 日本の伝統美に触れる宿泊パッケージを6月1日から8月31日まで提供 ~プロの庭師から習うミニチュア日本庭園~

2017年5月29日

千年以上日本の都として栄えた、いにしえの都、京都。その伝統建築や日本庭園の数々により、日本の最も美しい都として今日もその名声を誇っています。素晴らしい日本庭園を配し、盆栽のエキスパートである庭師も抱える、ザ・リッツ・カールトン京都は日本文化と、千年を超える伝統の歴史に触れる機会をお客様に提供いたします。

さらに詳しく

ザ・リッツ・カールトン京都 京焼の伝統を受け継ぐ窯元「嘉祥窯」とのコラボレートによる ピエール・エルメ・パリ ブティックの新たなアフタヌーンティーが 2017年6月より登場

2017年5月22日

ザ・リッツ・カールトン京都では、初夏の緑が眩しくなる6月より、館内の「ザ・ロビーラウンジ」にて、当ホテル内の「ピエール・エルメ・パリ ブティック」と京焼の伝統を受け継ぐ窯元、「嘉祥窯」との コラボレートによる新たなアフタヌーンティーが登場いたします。

さらに詳しく

ザ・リッツ・カールトン京都 ピエール・エルメ・パリによる “クープ グラッセ”5種が登場 ~メニュー新たに夏季限定のデザート空間「バー グラシエ」にて6月19日より提供開始~

2017年5月16日

ザ・リッツ・カールトン京都では、館内の「ザ・バー」内に夏季限定にデザート空間として「バー グラシエ」を設け、パティスリー界をリードする「ピエール・エルメ・パリ」による冷たいグラスデザート、“クープ グラッセ”に、新たなフレーバーを加えて6月19日(月)から9月10日(日)までご提供いたします。

さらに詳しく

ザ・リッツ・カールトン京都 明治時代の邸宅・夷川邸で楽しむ着物ランチ ~歴史ロマンに思いを馳せながら、珠玉のイタリア料理を~

2017年4月30日

京都の北から南へ流れる鴨川のほとりに佇むザ・リッツ・カールトン京都は、古典的なアンティーク、モダンな要素、多くのオリジナル芸術作品を内装に取り入れた、和洋折衷のユニークなデザインをコンセプトに、2014年に開業いたしました。

さらに詳しく

ザ・リッツ・カールトン京都 パティスリー界の鬼才、ピエール・エルメ氏来日イベント “Comme une Odeur de Printemps” ~春の訪れ~ を5月2 日から4日まで開催

2017年3月30日

京都を南北に流れる鴨川のほとり、東山三十六峰を一望する ラグジュアリーアーバンリゾート、ザ・リッツ・カールトン京都は、パティスリー界のピカソと称され、2016年に世界のベストレストラン 50アカデミーより「世界の最優秀パティシエ賞」を授賞したピエール・エルメ氏の来日にあわせ、5月2日から4日、3日間に渡り、スペシャルイベントを開催いたします。

さらに詳しく

≪開業三周年記念≫ 『Eri Matsui』ブランドがデザインを手掛けた、 ザ・リッツ・カールトン京都オリジナルのウエディングドレスが誕生

2017年2月19日

京都の北から南へ流れる鴨川のほとり、東山三十六峰を一望するラグジュアリーアーバンリゾート、ザ・リッツ・カールトン京都は、今年開業三周年を迎えました。

さらに詳しく

開業三周年記念の複合的なプロモーションを開始 「芸術・美」と「伝統」をテーマに、宿泊プランや特別メニューなどご提供

2017年1月31日

本年2月7日に開業三周年を迎えるザ・リッツ・カールトン京都(所在地:京都市中京区、総支配人:マーク・ノイコム)では、これまでのご愛顧の感謝の気持ちをゲストの皆様にお伝えすべく、当ホテルを表現するに相応しい「芸術・美」と「伝統」というテーマに基づいた三周年記念プロモーションを各種、2017年の一年間を通じて断続的に実施いたします。

さらに詳しく

【ザ・リッツ・カールトン京都】 古都 京都にてワールドクラスのイタリア料理を体験

2017年1月18日

京都は1200年もの間日本の首都であり、天皇家の台所でもありました。日本の皇族や貴族は、京都ならではの繊細な京懐石や菜食の精進料理、また日々の食卓に出るおばんざいなどに慣れ親しんできました。

さらに詳しく

トップに戻る