Skip to Content

ハドソン川とイースト川の合流地点であるニューヨーク湾を臨むバッテリーパークからは、マンハッタンの南西端にある自由の女神とエリス島までフェリーでほんの数分です。バッテリーパークの名は、ニューヨークがニュー アムステルダムと呼ばれていた頃、オランダからの移住者が外敵に備えるために砦として築いた砲台 (バッテリー) に由来します。エリス島に移民審査局が建設される前は、ここがアメリカ最初の移民受け入れセンターでした。その後この地域は荒廃がすすみ、1946 年に議会がクリントン砦を国定史跡として指定するまでは崩壊寸前の状態でした。近代のバッテリーパークは、ワールド トレード センターを建設するときに出た 120 万立方ヤードの土や岩で作られました。クリントン砦は、2001 年 9 月 11 日の生存者に敬意を表するガーデンズ・オブ・リメンバランスに隣接しており、都市再開発計画の一例としてたたずんでいます。このユニークなダウンタウンのロケーションは金融街に近く、スカイスクレーパー博物館やニューヨーク証券取引所、サウス ストリート シーポートのような見所や、ショッピングやレストラン、アート ギャラリーも豊富です。また、オシャレなソーホーやトライベッカ地区へのアクセスも簡単です。