Skip to Content

セントラル パークは、米国で最も由緒ある景観の美しい公園で、ニューヨークの有名な観光名所となっています。場所はニューヨークの中心部、その広さは南北は 59 丁目から 110 丁目まで、東西は 5 番街からはセントラル パーク ウェスト (8 番街) までという、843 エーカーの広大な面積を占めています。1800 年代半ば、ニューヨークがさらに素晴らしい都市へと発展するには大規模な公園が必要であるという地元著名人たちの提唱を受け、市が土地の購入を開始しました。こうして 1859 年冬、セントラル パークは開園し、アイス スケートや馬車での散策 (いまではローラー ブレード) を楽しむニューヨーカーたちの憩いの場となりました。現在、敷地内には 2 つのスケート リンクと公共プール、動物園と野生動物センター、各種スポーツ用の芝生エリアなどがあり、古城ベルヴェデーレには気象観測所もあります。公園ではピクニックやコンサートを楽しむ人々が集い、1995 年にはローマ法王の演説も行われました。広々とした芝生が美しいセントラル パークは、行き交う人々を眺めたり、さまざまなレクリエーションや公演、イベントを楽しんだりと、摩天楼に囲まれた都会の安らぎの空間になっています。