Skip to Content
16178-320-1

マンダパ・リッツ・カールトン・リザーブはわずか60のヴィラとスイートからなる親しみやすいホテルで、2つのスイミングプール、豪華なスパ、魂を目覚めさせるアクティブな小旅行が特徴です。親密な住宅スタイルの会議、取締役会、インセンティブにフォーカスしたレジャー、プライベートなお祝いに特化して、マンダパはこのスピリチュアルな土地で忘れがたい出会いを約束します。魔法を本当に体験して、喜びに満ち溢れることでしょう。

日々の喧騒から離れ、マンダパで週末を過ごし、心の平穏を見つけ、身体と魂を再結合し、元気を取り戻し、アイディアを再燃させましょう。マンダパでの体験は、緑豊かなジャングルと壮大なアユン川、棚田、寺院が合わさった健康と自然への感覚的な旅です。さらに、チーム構築アクティビティの提案を、以下の表にリストしています。

テラコッタ会議パッケージ

  • 会議室レンタル(半日/全日)
  • ご希望のスタイルと会場のキャパシティに合わせて設定
  • 淹れたてのコーヒーと紅茶のサービス、会議中の自由なおかわり
  • サワ・テラスでの1回の昼食セットメニュー(インドネシア料理または西洋料理または健康料理)
  • 朝食および/または午後の軽食(インドネシア料理または西洋料理または健康料理)
  • ボトル水とミント飴
  • 標準のAVと会議機器(フリップチャート、紙とペン、ホワイトボード、ダスター、ペン、LCDプロジェクター、スクリーン)
  • 無料WiFi接続

ウブドの村

ウブドの村とモンキーフォレスト探訪
何千年もの間、ウブドはバリ・ヒンドゥーの霊的・文化的拠点でした。ウブド宮殿、サラスワティ寺院のロータス池、グヌンルバ寺院、オランダ植民地時代に作られたウブドの橋、ウブドのマーケット、地元のアートギャラリーを散歩しながらのセルフィータイム。Patihはウブドの多くの芸術家たちとプライベートにアポイントを取ることもできます。

グルメ旅行

伝統的なバリ料理を学ぶ
地元のルワクコーヒー農場を訪れ、伝統的なバリ料理を習い、特別なアフタヌーンティーでお米の豊かさに触れたり、川沿いでリラックスしたお食事をお楽しみください。

野外アドベンチャー

島で最長のアユン川の筏下り
比較的穏やかな流れのアユン川(島で最長)を筏で下り、パーソナルバトラーが用意したお食事を川沿いでお楽しみください。早朝にバトゥール山に登り始め、シェフが用意したグルメピクニックを食べながら、頂上で美しい景色をご覧ください。緑の水田、穏やかな丘陵、曲がりくねった道をバイク、ATV、ランドクルーザー、象で探訪してみましょう。

ティルタウンプル寺院

ティルタウンプル寺院の聖なる泉を体験
紀元926年に建設されたこの象徴的な寺院は、聖なる泉で有名です。特に満月や新月のときには多くの信者が参拝に来ます。一生に一度を体験するための予約は、パーソナルバトラーにご依頼ください。

ケチャダンス

バリの夜行性および絶滅危惧種を知る
バリの夜のエンターテイメント。このドラマチックなバリのダンスとドラマは1930年代に発展し、少なくとも100名の男性が集い、物語を語りながら、動き、声を上げます。

ユネスコサイト

タバナン地域にあるジャティルウィの棚田
タバナン地域にあるジャティルウィの棚田は写真を撮るのに最適で、世界で最も典型的な棚田農業の例を見ることができます。おそらくバリ島で最も古く複雑な例は、スバック棚田の農業システムです。タマンアユン寺院はメングウィ王朝時代の18世紀の寺院群であり、堀に囲まれています。

寺院ツアー

本当のバリ寺院を訪れる
詳細な説明 - 「詳細表示」:聖域として9世紀に建てられたゴア・ガジャ(象の洞窟)。洞窟の正面にはさまざまな恐ろしい生き物と、洞窟入口の岩の中には悪魔が刻まれています。主人公はかつては象であり、そのため象の洞窟と呼ばれています。

 パンリプラン村は伝統的な「古いバリの村」であり、海抜700mに位置し、独自の特徴的な生活、社会、文化を持っています。そこはバンリ県クブ村にあります。王や家臣たちはしばしばこの村を休暇と娯楽のために訪れました。

 インドネシアのバリ島東部のアグン山斜面に位置するベサキ村にあるプラベサキ(ベサキの総本山)は、バリで最も重要で最も荘厳なヒンドゥー教の寺院です。アグン山の斜面より1000m高いところにある、23の独立した(しかし関連のある)寺院群で、最大かつ最も重要なものはプナタラン・アグン寺院です。これは6層建築であり、斜面を上っています。入口は堂々としたキャンディ・ブンタル(分かれたゲート、マンダパの入口を想起させる)で、さらに印象的なコリァグンは2つめの中庭への入口です。