Skip to Content

服装

1年を通じて軽めの衣類やリゾートウェアが最適です。現地では、家に上がる際には靴を脱ぐ習慣があります。

パスポート 

外国人の方は有効なパスポートと義務付けられているビザが必要です。

言語 

州の言語は英語ですが、その他にも幅広い言語に対応しています。 


交通手段

空港

ホノルル国際空港(HNL)は、ワイキキ・ビーチからほんの10マイル(約16 km)(約25分)程の場所に位置しています。米国、カナダ、アジア太平洋、島間やコミューター航空路線を含め、27社の大手航空会社が就航する国際旅行や太平洋を横断する際の主要なハブとなっています。

空港の交通手段

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス、ワイキキビーチからホノルル国際空港へ向かう際には、シャトル、個人用送迎サービス、相乗りサービス、レンタカーをご利用いただけ、島中にあるタクシースタンドからタクシーにお乗りいただくこともできます。また、ザ・バス(TheBus (http://www.thebus.org)や人気のオープンエア型ワイキキトロリー(http://www.waikikitrolley.com)などの公共交通機関もご利用いただけます。地図で場所を見つける際、実際のワイキキは、ホノルル中心圏の近辺となりますのでご注意ください。空港とザ・リッツ・カールトン・レジデンス、ワイキキビーチの往復の交通機関を手配する際には、リゾートのコンシェルジュやゲストサービスのスタッフが喜んでお手伝いさせていただきます。

レンタカー 

ホノルル国際空港には、ほとんどのレンタカー会社のカウンターがあり、またワイキキビーチ・エリアにも多数のロケーションが用意されています。数社のレンタカー会社のカウンターやピックアップ施設もザ・リッツ・カールトン・レジデンス、ワイキキビーチから徒歩圏内にあります。

駐車

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス、ワイキキビーチでは、係員付き駐車場のみのご利用となります。またゲストのお客様に関しては、1泊ごとの料金が適用されます。

 

現地情報

オアフ島に関する情報

「集いの島(The Gathering Place)」と呼ばれるオアフ島は、ハワイ諸島の中で3番目に大きい島であり、人口に関してはハワイ諸島で最大となっています。太平洋独特の伝統や多様な文化の融合により、貴重な存在や伝統、ハワイ先住民の温かみに溢れたアロハ精神を引き立たせています。

これは、トロピカルな主要都市や州都ホノルルの活気と、西側やノースショアのビーチ志向のリラックスした素朴な雰囲気の間で魅力的なコントラストを描いています。エレガントなイオラニ宮殿などの歴史的建造物、パールハーバーの記念館を含む象徴的な記念碑などオアフ島を際立立たせる役割を担い、地域的または世界史の両方において役割を果たしています。 1日でオアフ島を体験することは不可能でしょう。1週間でも足りないかもしれません。多くの観光客が何度も「集いの島」に戻ってくるのもそういう理由からに違いありません。

電話

島全土でモバイル、データ、固定電話サービスをご利用いただけます。市内電話を含め電話をかける際には必ず市外局番をダイヤルしてから電話番号をダイヤルしてください。ハワイ州の市外局番は808です。国際電話をかける際には、まず011をダイヤルし、次に国番号、その後実際の電話番号をダイヤルしてください。米国他州に電話をかける際には、まず1をダイヤルし、次に市外局番、その後電話番号をダイヤルしてください。緊急の場合には、911に電話してください。

ハワイ旅行者向け情報

ハワイ州観光局(Hawaii Visitors and Convention Bureau)、電話番号:1-800-GoHawaii(1-800-464-2924)までお問い合わせいただくか、ウェブサイト:www.gohawaii.com(日本語:www.gohawaii.com/jp)をご覧ください。ハワイ州観光局までメールを送信したい場合には、メールアドレス:info@hvcb.orgまでお送りください。

チップ

ハワイではチップは歓迎され、ワイキキのレストランやバーで接客を担当した人に請求書の合計の15~20%のチップを渡すことが習慣となっています。