・リッツ・カールトン レニア ンガポール

7 Raffles Avenue, Singapore 039799 Singapore
電話:  (65) 6 337 8888   •  地図・アクセス
...

アトラクション



オーチャード通り、更にその近辺には楽しいアトラクションが盛り沢山です

シンガポールでのショッピングの目抜き通りであるオーチャド通りに隣接しているザ・リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポールは、シンガポール・フライヤーや統合リゾート地区にあるゲーム施設を含む、その他多くの人気目的地へ行くにも便利な場所に所在しています。サンテック・シティモールは通路を経由して当ホテルの隣に位置しています。

ザ・リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポールは今日世界クラスのレジャー、及び出張客を対象とする選び抜かれた高級ホテルです。当地を訪れる旅行客は皆文化、料理、芸術、そして建築の真にユニークで、ダイナミック、かつリッチなコントラストとカラーを見出しています。何世紀にもわたり東洋と西洋の架け橋として魅了し続けている、東南アジアの心臓部に位置するシンガポールは伝統及び現代性を両立しながら今日も育み続けています。活気に溢れエキサイティングなイベントでわき返るこの都市は、ユニークで思い出に残る数々の体験を惜しみなく提供致します。


ダイニング

すべて表示  |  すべて非表示
シンガポール・フーズ・トレイル
(詳細を表示)
0.5キロ /徒歩約 10分
シンガポール 1960年代のノスタルジックな感覚と魅力を蘇らせるエキサイティングなダイニングコンセプトは、憧れの的のシンガポール・フライヤーを背にしています。収容能力800席を超えるこの空間はテーマに基づくインテリア・デザインの他、いくつかの仮設屋台が設置されています。このエリアを覆う天蓋は、外食目的の訪問者のために快適性及び遮蔽を提供しているので、有名なローカル・フェアの中を体験しつつ、古きよき時代を思い起こすことができます。
ラウパサ(Lau Pa Sat)
(詳細を表示)
3キロ / 車で約10 分
ラウパサは、シンガポール中心商業地区(CBD)の心臓部に位置しています。ここで使用される線条細工の鋳鉄構造は1894年に建造された東南アジア最大のビクトリア時代の遺産です。夜間は、ラウパサの南にあるブーンタット(Boon Tat)ストリート全体が屋外呼び売り商人のコンセプトをもとに遮蔽されており、そこではグリルメニューを豊富に取り寄せています。
クデタ(Ku De Ta)
(詳細を表示)
マリーナ・ベイ・サンズのスカイパーク、高さ200メートルの場所に位置しているクデタでは、感動的なシンガポールのスカイラインが見所です。魅力的な屋上のセッティングは、受賞歴のあるシェフによるアジアの現代料理を味わうのにこの上ない環境です。
マカンストラ・グラトンズ・ベイ
(詳細を表示)
0.5 キロ /徒歩約 5分

ウェブサイト
レトロ感覚の屋台に囲まれて、マリーナ・ベイのスカイラインの見事な景色を味わえる、屋外の月の光に照らされたフード・センターは観光客の人気スポットで、眠らない街シンガポールを象徴しています。キャロット・ケーキ、オイスター・オムレツ、チリ・クラブ、ロティ・ジャラ(薄いパンケーキに美味いカレーを添えたもの)等幅広く取り揃えた有名地元料理からお好きなものをお選び下さい。また隣に位置するエスプラナード–ベイシアターのアート・センターが頻繁に開催している無料のストリート・パフォーマンスを、氷の入ったビールを飲みながら楽しむのもお薦めです。
ニュートン・ホーカー・センター
(詳細を表示)
地元料理を幅広く試すには、食事や飲み物の数多くの露店を構えたニュートン・ホーカー・センターがお薦めです。チキンライス、バクテー、更にロティプラタ等豊富な陳列を誇る地元料理を是非お試し下さい。お食事の後はカチャン、チェンドル等カキ氷にココナッツ・ミルク、シロップで味をつけた冷たいデザートをどうぞ。
MBSのセレブリティー・レストラン
(詳細を表示)
セレブリティー・レストランとはワールドクラスのシェフによる、美味を取り揃えたMBSが誇るセレクションです。これら超最上級のレストランにはウルフギャング・パック氏による「カット」、ダニエル・ブリュド氏による「dbビストロ・モダン」、ガイ・サボイ氏による「ガイ・サボイ」、更に和久田哲也氏による「ワクギン」等があります。
リゾート・ワールドでのマレーシア料理専門通り
(詳細を表示)
ペナン・ホッケンミー、チャークイティオ等本格的なマレーシア料理には是非リゾート・ワールドのマレーシア料理通りをご利用下さい。伝統的なショップハウスの玄関、昔の道路標識、そして広告で活気づけられた壁面を完全に再現した、マレーシアの懐かしい古い町並みの雰囲気を味わいながら、種類豊富な人気のストリート・フードを選び頂けます。

ナイトライフ

すべて表示  |  すべて非表示
ボート埠頭
(詳細を表示)
2.21キロ / 車で約5 分
当地はシンガポールのエンターテインメント・シーンの正に中心地です。高級レストラン、屋外ダイニング、陽気なバーやパブが立ち並ぶボートキーは社会人や外国からの転勤族にとって気楽に楽しめるスポットとなっています。
クラーク埠頭
(詳細を表示)
2.5キロ / 車で約8 分
クラークキーウォーターフロントの倉庫街はレストラン、ワインバー、エンターテインメントスポット、及び、小売商店等の多種多彩なアクティビティを擁しています。古えのざわめく市場の雰囲気がチャーミングな商店、押し車、アーケードのお店が立ち並び活気溢れるエリアです。
セントジェームズ発電所
(詳細を表示)
8キロ / 車で約20 分
1927年以前に建造された発電所に構築されたこの質量感あふれるエンターテインメント複合ビルは、それぞれ異なる音楽を提供する10の館内接続ホールを包括しています。ベッリーニルームでジャズファンは夜通しダンスシューズを着用して踊り通すことができ、同時にこの複合ビルの最大のホール、パワーハウスでは、最新のトランス、エレクトロ、及び、ダンスミュージックを鳴り響かせています。
ズーク(Zouk)
(詳細を表示)
6キロ / 車で約15 分
ズークはおそらくシンガポールで唯一国際的に名の通ったナイトスポットでしょう。この都市国家の若者達が必ず一度は訪れる程の有名な場所です。マレーシアのような隣国にも現地クラブを進出させたうえ、セントーサ・ズークアウトと呼ばれる独自のダンス・フェスティバルもあります。ズークは3つのクラブと1つのワインバーから構成され、カール・コックスやポール・オーケンフォールド、さらに、ケミカルブラザーズまで著名な国際的DJもここで演じます。ズークは水曜日には有名な「マンボ・ジャンボ」レトロナイトを開催します。
パンゲア(Pangaea)
(詳細を表示)
2.9キロ / 車で約3分

ウェブサイト
パンゲアはクリスタル・パビリオンの地下に敷地を有する、シンガポールのみならず、世界でも数少ないウルトラ・ラウンジの1つとしてユニークな存在を誇っています。パンゲアの設計は、超現実的な入り口のトンネルとエキゾチックな動物革の装飾品から、ファイン・パレットによる夜のグルメ・メニュー、更に特別に選別されたDJによる音楽に渡るまで、1つ1つ細部まで非常に丁寧な配慮が施されています。
ロバートソン・キー
(詳細を表示)
3.4キロ / 車で約15分
シンガポールの3つの埠頭の中で最ものんびりとした、大規模な住宅地域です。バー、レストラン、カフェ、舞台芸術劇場、アート・ギャラリーを構えた本格的なエンターテイメントの縮図となっています。当エリアには無料印刷、ペーパー・アートの設置を請け負う「シンガポール・タイラー印刷機構」も所在しています。更にシンガポールで最も前進的な劇団である「シアターワークス」や「シンガポール・レパートリー・シアター」も隣接しています。
クラブ・ストリート
(詳細を表示)
チャイナタウンにあるクラブ・ストリートは政府により保存されている伝統的なショップハウスが軒を連ね、現在は主にレストラン、バー、画廊が占めています。当エリアの人気スポットには「クラブ・ストリート・ソーシャル」、「センソ・リストランテ&バー」、及び「エスクイーナ」等があります。
アバロン
(詳細を表示)
2.9キロ / 車で約3分

ウェブサイト
マリーナ・ベイ・サンズのフローティング・サウス・クリスタル・パビリオンに所在しているアバロンからは、町並みのスカイラインの魅力的な景色を味わえるようになっています。ベルベットのロープを超えると、2階に及ぶ広さ約17,000平方フィート(約1,580平方メートル)のクラブは最新先端技術を用いたフルカラーのレーザー、3Dマッピンング、高度なファッション・インテリア等による見事な視覚効果を誇っています。有名なインテリア・デザイン会社「ローマン・アンド・ウィリアムス」が設計を手掛けたアバロンは、クリスタルそして幻覚的な照明の演出が輝かしいクラブです。
ルーフ(Loof)
(詳細を表示)
ルーフはシンガポールで繁忙な商業地区の中心にある屋上のバーです。「愚か者の聖域」、「知的な精神の休養」を自ら宣言しているルーフは「高質な気まぐれさ、そして新鮮な懐旧心」をお届けする、遊び心があって、リラックスできるバーです。
ホーム・クラブ
(詳細を表示)
シンガポールの数多くのメガクラブと比較して、ホーム・クラブは良質の音楽と、のんびりした雰囲気を売り物にしています。ホームは2005年のオープン以来、インディー、テクノ、エレクトロ、ヒップホップ、ドラム&ベース音楽で踊り明かせるシンガポールの人気地下クラブです。

ショッピング

すべて表示  |  すべて非表示
マリナスクエア
(詳細を表示)
0.2キロ / 徒歩約5 分
(65) 6339 8787 / ウェブサイト
マリーナ・スクエア・ショッピングモールはショッピング面積約6.5万平方メートル(70万平方フィート)に及ぶシンガポール最大のショッピングモールの一つです。当モールには、ファッション、ビューティー、ヘルスケアからレストランまで非常に数多くの店舗が所在しています。シティ・ホールMRT駅とのアクセスが便利な、マリーナ・センター・エリアの中央に位置しています。
ミレニアウォーク
(詳細を表示)
0.2キロ / 徒歩約5 分
(65) 6883 1122 / ウェブサイト
ミレニア・ウォークは新鮮な色が生え、広大なインテリアが歓迎する最高級のライフスタイル・ショッピング・センターです。このオープン・アトリウム構造はプリツカー賞を受賞した建築家フィリップ・ジョンソンによりデザインされ、アトリウムの中には多くの商品やサービスが豊富に立ち並んでいます。
サンテック・シティ・モール
(詳細を表示)
0.5キロ / 徒歩約10 分
(65) 6825 2667 / ウェブサイト
世界レベルのコンベンションセンターが重厚にそびえ、5つの一流オフィスビルを擁す1キロメートルに及ぶサンテック・シティ・モールは繁華なマリーナ・ベイ地区の中心地に位置する、落ち着いた主要ショッピング街です。4つのテーマ別区域に分割されており、訪問客は400を超える小売店舗及び100件を超える飲食店でワンストップ・ショッピングやダイニングなどを体験できます。さらに、お食事中には最高の雰囲気のなかで、世界最大の噴水「ファウンテン・オブ・ウェルス」の感動的な重なり合う水のショーを楽しむことができます。
マリナ・ベイ・サンズのザ・ショップス
(詳細を表示)
1キロ / 徒歩約10 分
小売及びレストラン床面積総計7.4万平方メートル(80万平方フィート)を超えるショップスはシンガポールで最初の大規模奢侈品ショッピングの目的地です。この美しく設計されたワールドクラスの立地こそ最高品質の商品が必ず見つかる場所です。著名な高級ブランドと新興デザイナーラベルがコスモポリタンにミックスされて、良いものだけが欲しいファッション意識の高い買いお客様に、自分だけのスタイルトレンドを確立する機会を提供しています。
ラフルス・シティ・ショッピングセンター
(詳細を表示)
1.2キロ / 徒歩約15 分
歴史的で観光の名所の傍にあるシビック・ディストリクトに位置するラフルス・シティ・ショッピングセンターは贅沢品を探している人が集まる安息の場所です。このショッピング・モールは特にオメガ、トーマス・サボ、コルテフィエル、及びトミー・ヒルフィガーのような高級品及びデザイナー・ストアを多数擁しています。
オーチャード通りのイオン・オーチャード
(詳細を表示)
シンガポールのショッピング街の中心に位置しているイオン・オーチャードはファッション愛好家をこよなく引き付けています。300を超える小売店、飲食店、更にエンターテイメント店舗で構成する当モールは、感動的な買物の経験を買い物客の皆様に提供致します。更に当モールは小売面積が66,000平方メートルと世界最大のブランド品を取り扱うモールとしての評判も誇っています。
パラゴン
(詳細を表示)
高級市場向けの洗練されたイメージの当モール、パラゴンはオーチャード通りの中心に所在しています。ファッション・デザイナー・ブランドや高級ブティック店舗が6つの階に及んで立ち並んでいるので、ブランド品や、高級サービスがお目当ての買い物客にお薦めのモールです。
アラブ・ストリートのハジ・レーン
(詳細を表示)
人々が多く行き交うアラブ・ストリートの中心を奥に入るとハジ・レーンがあります。この狭いレーンには旧式のショップハウスが軒を連ねており、主に魅力的なブティックや専門店が独立ブランド、地元デザイン、更に興味深いアクセサリー等を取り扱っています。

レクリエーション

すべて表示  |  すべて非表示
シンガポールフライヤー
(詳細を表示)
0.5 キロ / 徒歩約10分

(65) 6854 5200 / ウェブサイト
シンガポール・フライヤーは世界最大の観覧車です。地上高さ165メートルの当フライヤーはマリーナベイ、シンガポール市街、さらに遠景の息を吞むようなパノラマ風景を楽しませてくれます。商店、レストラン、活動、及び、施設も豊富に揃っています。
マリナ・ベイ・サンズの統合化リゾート
(詳細を表示)

1キロ / 徒歩10

280メートルの短い歩行者用ウォークウェイとなっているヘリックス・ブリッジを景色を楽しみながら渡ると、そこはマリーナ・ベイ・サンズの統合リゾートです。ここではカジノ、高級ホテル、コンベンション施設、劇場、及びショッピングやダイニングを楽しめるようになっています。
マリナ・ベイ・ゴルフコース
(詳細を表示)
1.5キロ / 車で約5 分
シンガポールで一般に利用されている最初で唯一の18ホールのゴルフコースです。市街中心地という絶好の位置にあるこのコースは、ゴルファーがアクセスしやすく、ゴルフを遊びながらシティ・スカイラインの絶景もお楽しみいただけます。パー72のチャンピオンシップコースのデザインは、スコットランドの伝統的とゴルフの創始を受け継ぎ、ほとんどウォーターハザードが無く、特に注目すべき点は91個のバンカーです。
サントサ
(詳細を表示)
8.68キロ / 車で約15 分
セントーサ島はリゾート・ワールドの統合リゾート本拠であるとともに野生動物保護区、庭園、動物公園、アドベンチャーライド、レストラン、スパも擁しており、一日中楽しみが尽きないアトラクションが盛り沢山です。

こちらのウェブサイトをご覧いただくと、セントーサ島へのアクセス方法、及びシャトルサービスの詳細を参照いただけます:www.sentosarider.com/routes.html
ユニバーサル・スタジオ
(詳細を表示)
8.68キロ / 車で約15 分
ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(東南アジアで最初のハリウッド映画テーマパーク)は、豊富な24種類の乗り物とアトラクションを擁し、そのうち 18種類はシンガポール独自の物です。このふんだんな広まりを持つエンターテインメント・プレーグラウンドはきっとエキサイティングで新しい発見に満ちた旅を提供することでしょう。
ナイト サファリ
(詳細を表示)
22.83キロ / 車で約30 分

(65) 6269 3411 / ウェブサイト
日没とともに別の世界が生まれます。ナイトサファリではサイの目を見つめ、縞模様のハイエナの遠吠えを聞き、平原を平然と横切るキリンをご覧頂けます。この最上級クラスの夜の動物園は、東南アジア熱帯雨林、アフリカのサバンナ、ネパールの渓谷、南米のパンパス及びビルマのジャングルのような地理的地域をシミュレートするために再現された8つのゾーンに、135の珍種からなる900を超える動物を擁しています。
シンガポール動物園
(詳細を表示)
28ヘクタールに及ぶ敷地を有したシンガポール動物園は315種類を擁し、その内の16%が絶滅の危機に瀕している動物です。シンガポール動物園は動物達を自然な方法による屋外展示にて、自然環境に近い状態で見学できるようになっています。
タンジョン・ビーチ・クラブ
(詳細を表示)
日光浴の気分でも、星空の下で食事をするにも、タンジョン・ビーチ・クラブは日頃の疲れを癒すのに最高の場所を提供しています。セントーサ島内に所在している当クラブはラウンジ・チェアーを有したレストラン&バー、更に海に面したプールがあり、都会の繁忙なペースから逃れる憩いの場所です。
植物園
(詳細を表示)
6.68キロ / 車で約10 分
シンガポールは、原始熱帯雨林及び華麗に整備された花園と潅木が組み合わさった公園を擁する、典型的な熱帯の島です。この庭園は52ヘクタールを超えて広がり、 4,000種近くの植物を擁し、その中には多くの珍種もあります。園内には国立ラン園も擁しており、6万種を超える植物やランを特長とする世界最大のランの展示として認められています。国立ラン園の最も高い場所には1886年に建造された植民地時代のバンガロー、バーキルホール(Burkill Hall)があります。シンガポールの建築及び歴史的名物の一つに数え上げられ、この英国植民地時代の建物はVIPのパーティーやイベントホール用に改造されました。
ジュロン バード パーク
(詳細を表示)
21.47キロ / 車で約30 分
東南アジア最大であるこの鳥類保護区域は、600種を超える8,000羽の採集、保護及び繁殖計画、さらに、中を散策しながら自由に飛ぶ鳥を見ることができる魅惑的な飼鳥園でよく知られています。この鳥類公園は世界最大の人工滝、世界最多のサイチョウのコレクション、及び、フラミンゴが豊富にいる湖に面した素敵なレストランでもよく知られています。
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
(詳細を表示)
1.6 キロ / 車で約3分

ウェブサイト
面積101ヘクタールに及ぶ建設費約10億ドルが投じられた当スーパーパークには25万種類を超える珍しい植物が生息しています。当パークは3つの庭園、即ちベイ・サウス、ベイ・イースト、及びベイ・セントラルで構成しています。水辺の小道からはマリーナ・ベイ金融街の見事なスカイラインをお楽しみ頂けます。当地は家族連れや友人との夕方の散歩やピクニックに最適です。
ホートパーク
(詳細を表示)
8.8キロ / 車で約20分

ウェブサイト
シンガポールのワンストップ・ガーデニングの中核地として宣伝されているホートパークは面積約23ヘクタールの緑地の中に位置しています。当パークはケント・リッジ・パークからテロック・ブランガー・パークまで接続しており、レクレーション、教育、研究、小売、そしてガーデニング設備が一箇所にまとまった施設となっています。美しい植物の生息地であるホートパークには、園芸デザインも展示されています。当パークはバタフライ・ガーデンとバンブー・ラビリンスに代表する多くのアトラクションを用意しており、更にリサイクリング・ガーデンやフローラル・ウォークもあります。
サザン・リッジ
(詳細を表示)
自然愛好家には見逃せないザ・サザン・リッジは約9キロ(5.6マイル)に亘る小道で、シンガポールのサザン・リッジ、即ちマウント・フェーバー、テロック・ブランガー・ヒル・パーク、そしてケント・リッジ・パークに沿って繋がっています。この小道付近の主なアトラクションにはヘンダーソン・ウェーブ、フォレスト・ウォーク、アレクサンドラ・アーチ、フローラ・ウォーク、更にキャノピー・ウォークがあります。
マックリッチ(MacRitchie)自然探索路
(詳細を表示)
8.6 キロ / 車で約15分

ウェブサイト
古いゴムの木が並び、生い茂る緑樹に囲まれたマックリッチー・ネイチャー・トレールは世界中の自然愛好家を魅了する数々の植物に遭遇致します。マックリッチ貯水池は1867年に建設され、現在森林沿いを行き交う、そして中を散歩できる遊歩道が完成しています。遊歩道の他の人気アトラクションはHSBCツリートップ・ウォークと呼ばれる空中高さ250メートルの支柱の無いつり橋で、マックリッチーの2つの頂点であるブキット・ピーアースとブキット・カランを繋いでいます。
ラブラドル自然保護区
(詳細を表示)
9.4 キロ / 車で約20分

ウェブサイト
岩の多い崖に生息する植物を観察しながら、ラブラドル自然保護区からの海のパノラマ・ビューをお楽しみ下さい。当公園は都心の繁忙さから逃れた、落ち着いた、静かなオアシスを提供致します。自然の散歩道をゆっくり辿ると、50種類もの鳥類や、11種類もの蝶がこの公園に生息していることに気づかれるかもしれません。

カルチャーイベント

すべて表示  |  すべて非表示
エスプラナード – ベイシアター
(詳細を表示)
0.56キロ / 徒歩5 分

ウェブサイト
エスプラナード – ベイシアターは紛れもなくシンガポールの最もエキサイティングなパフォーマンス・アートの上演地です。マリーナベイを見渡すウォーターフロントに位置し、際立つドーム形屋根を持つこの複合施設は、収容規模1,600人のコンサートホール、定員2,000人の劇場、及び、リサイタルルームがいくつかあり、屋外上演スペースと同様に劇場とリハーサルスタジオもあります。さらに、とげのあるトロピカル・フルーツ「ドリアン」の愛称で地元の人々に親しまれているエスプラナードはベイシアターの他に、ショッピングモール、コスモポリタンなフーズコーナーやライブラリ@エスプラナード(文学のほか音楽、ダンス、映画や演劇をカバーする視聴覚器材を擁するシンガポール初の芸術図書館)もあります。
芸術ミュージアム
(詳細を表示)
1キロ / 徒歩10 分
マリーナ・ベイ・サンズにある蓮にヒントを得たアートサイエンス・ミュージアムは、世界で最も著名なコレクションを集めた主要な国際巡業展覧会用のシンガポールでは最も重要な見学する価値のあるミュージアムです。美術及び科学をはじめ媒体や科学技術、さらには、デザインと建築までを閲覧できます。アートサイエンス・ミュージアムは4,645平方メートル(5万平方フィート)を超えるギャラリーを特長として、世代を問わず全ての来場者を魅了しております。
シンガポール国立博物館
(詳細を表示)
2 キロ / 車で約7 分
1887年に創設された由緒あるシンガポール国立博物館は最も若く革新的な魂を持つシンガポール最古のミュージアムです。シンガポールの文化的及び建築のシンボル的存在であるこの博物館では活気に満ちたフェスティバルやイベント、さらに、素晴らしいパフォーマンスや映画が年間を通じて開催されています。
アラブストリート
(詳細を表示)
2.27キロ / 車5 分
シルク及びバスケット製造で有名な、伝統が響き渡るアラブストリートはカンポングラム(Kampong Glam)の主要スポットの一つです。砂糖キビ、ワラ、ラッタン、さらに、シルク、シフォン、コットン、及び、バティックからなる種類豊富な繊維品がアラブストリートでは見つかります。この地区で最も目立つ建物の一つは1824年に建造されたスルタンモスクです。
クラーク埠頭
(詳細を表示)
2.42キロ / 車で約5 分

ウェブサイト

クラーク埠頭はシンガポールの川沿いの歴史的埠頭で、シンガポール川河口とボート埠頭の出口から上流側に位置します。19世紀終盤に商業の中心地として栄え、現在は修復された倉庫街には、豊富な種類のレストラン、ワインバー、エンターテインメントスポット、及び、小売店が立ち並びます。

チャイナタウン
(詳細を表示)
3.06キロ / 車で約8 分
パゴダ・ストリートからサゴ・ストリートに及ぶチャイナタウンは装身具、お菓子、ファッションを取り扱う出店が立ち並びます。大道芸人のマスクから手作りの飾り物、伝統的衣服から個性的なファッション・アクセサリまで、商品の豊富な折衷からいくらでも選ぶに事足りません。チャイナタウン食品街にあるシンガポール地元民のお気に入りのメニューを味わい、自分だけのショッピング体験をお楽しみください。パゴダ・ストリート沿いの伝統的な1.5メートル(5フィート)道と古い店舗の軒並みの探索は是非お薦めです。また寺院、医療用ホール、ティーハウスにもお気軽にお立ち寄りください。更に今も残る昔の伝統についても知ることができます。お茶が好きでしたら、ティーハウスは欠かせません。そこでは中国茶の味わいと風味のほか、伝統的なお茶の入れ方も体験できます。
シンガポール美術館
(詳細を表示)
シンガポール美術館はシンガポール、並びに東南アジアの芸術家による7,000点を超える現代、近代美術作品の展示を誇っています。同美術館に増築されたSAM at 8Q(「Singapore Art Museum at 8 Queens St」の略)は2008年に開設され、美術館の現代美術用スペースを拡張したものです。芸術作品は絵画、彫刻、映画やビデオの設備、演劇、更に音楽等を豊富に取り揃えています。
アジア文明博物館
(詳細を表示)
アジア文明博物館は当地域の草分け的博物館の1つで、汎アジア文化及び文明作品を専門にしています。本博物館では中国、東南アジア、及び西アジアの芸術品を展示しており、シンガポールの多様な歴史のルーツを辿れるようになっています。