Large green pond surrounded by grass and trees with a temple floating in its center

ご旅行の計画

rcBreakText rcBreakWhiteText

パウダービーチの散策、自然豊かなジャングルの探検、数百年前に築かれたグスク巡り。沖縄にはさまざまなエキサイティングなバケーションアクティビティが揃っています。アクティビティに合わせてお荷物を準備し、沖縄をご満喫ください。

Ritz Carlton Hotel image
Ritz Carlton Hotel image
持ち物

5月から6月は梅雨で雨が突然降りだすことがあるため、軽量の折りたたみ傘をバッグに入れておくと安心です。

日帰り旅行
     
  • リゾート周辺には、全長113kmの沖縄本島を探索する多くのアクティビティがあります。アクティビティをお楽しみいただくために持っていくと便利なものをいくつかご紹介します。

  • 1月から3月の午後はホエールウォッチングに最適です。海の波しぶきで濡れないよう、軽量の防水ジャケットをご持参ください。

  • 春と夏は、希少な亜熱帯雨林である、やんばるの森へのトレッキングが人気です。ぜひ歩きやすいウォーキングシューズをご持参ください。

  • 島北部のマングローブの林の間をカヤックで漕ぎ進めながら、素晴らしい景色や珍しい動物を撮影するには、携帯電話やカメラを入れる防水ポーチをお忘れなく。

 
ビーチでのバケーション
     
  • 沖縄は自然豊かな広いビーチで有名です。特に当リゾート周辺のビーチは温かい海水と柔らかい砂で知られています。

  • 日光浴と海水浴を満喫するために、水着は2着ご持参になることをお勧めします。1日に2回以上泳ぎに行く場合でも、1着は洗って乾かしておくことができます。

  • 沖縄は年間を通じて太陽の日差しが強いため、日焼け止めを持参し、こまめに塗り直しましょう。目と顔に紫外線が当たらないよう、帽子もお忘れなく。

  • 大波の嵐や台風の後に沖縄のビーチを歩くと、打ち寄せられた珍しい貝殻に出会えるかもしれません。貴重な貝殻を入れる小さなバッグがあると便利です。

 
リゾートの必需品
     
  • もちろん、リゾートでリラックスした一日を過ごし、多くのアメニティをお楽しみいただくこともできます。充実した休暇をご満喫いただくのにおすすめのアイテムをご紹介しましょう。

  • ザ・リッツ・カールトンはかねひで喜瀬カントリークラブ内に位置し、18ホールのゴルフコースへ直接アクセスできます。1~2ラウンドのプレイを楽しむなら、ゴルフクラブとシューズを持参しましょう。

  • 受賞歴のあるスパには、サウナ、スチームルーム、バイタリティープール、大浴場、スパエリアがあります。バスローブとスリッパはご用意していますが、トリートメント後のリラクゼーションルームでご自分の衣類を着用なさりたい場合はご持参ください。

  • 屋外の気温は高くなりますが、多くの建物内は冷房が入っています。冷えを防ぐため、軽量の巻きスカートやストール、上着をご持参ください。
 
Travel for Good
Travel for Good
ご予約について

多くの人が太陽と素晴らしいビーチを求めて沖縄を訪れますが、ワールドクラスのお食事や至福のスパ体験、史跡ツアーなど、他にも素晴らしいアクティビティや観光スポットがたくさんあります。沖縄旅行を最大限にお楽しみいただけるよう、移動に必須のレンタカーやタクシーに加えて、アクティビティの予約を事前に行っておきましょう。

市場直送の新鮮な食材を使用した伝統的なイタリア料理を楽しみたいお客様は、「ちゅらぬうじ」(「美しい虹」の意) でのディナーをご予約ください。「喜瀬」では、黒毛和牛や新鮮なシーフードなど、地元の食材を使った鉄板焼きを、シェフのダイナミックな技でお楽しみいただけます。  

印象的な竹のトンネルを抜けた美しい庭園の小道の先にある素晴らしいリラクゼーション空間。沖縄のスパリゾートでシグネチャートリートメントをご体験ください。ストレスリリーフ リチュアルは、海藻を使ったボディスクラブに加え、泥またはOshadhiのボディラップ、エッセンシャルオイルのマッサージを組み合わせたメニューです。海塩や月桃、はちみつ、海泥など、沖縄のエレメントを使ったフットトリートメント、ボディスクラブ、ホットストーンマッサージ、フェイシャル、スカルプマッサージを組み合わせた琉球ネイチャーエレメンツのトリートメントもお勧めです。

ビーチは沖縄本島の魅力的なアトラクションの一つですが、この島にはその他にも魅力的なアウトドアアドベンチャーがたくさんあります。沖縄北部のやんばるの森でのトレッキングを手配して、希少な亜熱帯雨林の自然を体験してください。中城湾を望む、15世紀の琉球王国時代に築城された中城城への道はハイキングに最適です。池に浮かぶ中国風あずまやの六角堂や、中国と日本、そして沖縄、それぞれの文化が融合した歴史ある建物を備えた琉球王家の別邸、識名園の広大で美しい庭園をご鑑賞ください。

沖縄美ら海水族館は日本有数の水族館で、世界で2番目に大きい巨大水槽「黒潮の海」があります。歴代琉球国王が眠る陵墓、玉陵は、自然の岩壁を削って造られた墓室や細かな彫刻が施された天井など、独自の構造が特徴です。沖縄県立博物館は近代的な建物で、歴史博物館と美術館があります。

 

Ritz Carlton Hotel image
Ritz Carlton Hotel image
旅程

150の小さな島々からなる沖縄に到着すると、まるで日本ではないかのように感じられるかもしれません。日本最南端に位置する沖縄は、大都市・東京とは正反対の魅力を持つ島です。高層ビルやネオンサインの代わりに、沖縄の地平線には穏やかに揺れるヤシの木が並び、最大の光のショーは太陽が沈む夕暮れです。シュノーケリングや白砂のビーチから史跡や壮麗な滝まで、さまざまなアクティビティが揃う楽園のような沖縄では、ゆったりと流れる時間に身をゆだねながら美しい景色をお楽しみいただけます。

午前

リラックスして過ごす時間: 沖縄へようこそ。この島では時間がゆったりと流れており、急ぐ必要はありません。一日を始める前に、時間をかけて周辺エリアを散策しましょう。ベッドで朝食を楽しんだり、ヨガクラスに参加したり、泳いだり、快適な眠りを楽しんだりして、気ままにお過ごしください。カバナルームにご滞在のお客様は、屋外のプライベートジェットバスをご利用いただけます。

ティーアップ: 早起きして、ホテルに隣接するかねひで喜瀬カントリークラブでゴルフをお楽しみください。緑豊かな森と海の景色に囲まれた最高のコースでプレイをお楽しみいただけます。

昼下がり

美しい自然: 北部「やんばる」では、沖縄で最も美しい比地大滝を見ることができます。自然の森の中に整備されたトレイルを歩いていくと、森に生息する亀や鳥たちの姿を見ることができるかもしれません。比地大滝に向かう途中には幅の狭い吊り橋がかかっており、眼下には美しい渓谷が広がっています。川を流れる優しい水の音を聞きながら、帰路に就くまでの時間をリラックスしてお過ごしください。

泳ぎを楽しむ: 沖縄の西海岸に沿って南に進み、橋を渡ると瀬底島に着きます。メインビーチの瀬底ビーチは、シュノーケリングと水泳に最適です。また、崖の下の日陰を見つけて、遠くの伊江島を探しながらリラックスした時間に浸るのもおすすめです。

午後

アフタヌーンティー: ザ・リッツ・カールトン沖縄では、「Lobby Lounge & Bar」で、沖縄産の旬の食材を用いた美味しいアフタヌーンティーをお召し上がりいただけます。贅沢な気分を味わいたい時には、濃厚なチョコレートの味わいと柑橘系の香りがお口の中に広がる、リッツ・カールトンの特製ケーキがおすすめです。

至福の楽園: 東南植物楽園で植物を眺めながら園内を散策しましょう。龍血樹などの南国の植物や蓮の花を鑑賞し、湖を囲むガゼボでリラックスして、幸運と長寿の象徴である色とりどりの鯉に餌やりもお楽しみください。

リラックスタイム: ザ・リッツ・カールトン スパ by ESPAのフォレストスイートを予約して、お二人で究極のトリートメントをご体験ください。木々に囲まれたプライベートテラスでは、ゆったりとバスタブに浸かり、お好きなトリートメントをお受けいただけます。さまざまなマッサージ、リチュアル、フェイシャル、デトックス、スクラブのメニューをご用意しています。

お二人でのディナー: スパでのトリートメントの後は、ザ・リッツ・カールトン沖縄の「グスク」でディナーをお楽しみください。ゴーヤチャンプルーやラフテーなど本格的な沖縄料理をご用意しています。地元料理を味わいながら、沖縄伝統の弦楽器「三線」の演奏をご満喫ください。

午前
海の中へ: 沖縄で最も美しい光景の一つは海中にあります。適切な装備を身につけて青の洞窟で行うダイビングやシュノーケリングでは、太陽光が海底の白い石灰石に反射して海面に美しい青い光を生み出す、 すばらしい自然現象を見ることができます。
昼下がり

歴史ある土地: 那覇市に向かって南に進むと、ユネスコ世界遺産に登録されている首里城址があります。1300年代後半に築城され、数世紀にわたって琉球王の居城でした。この歴史ある土地は、現在首里城公園となっていて、丘の上からは那覇を一望する美しい景色をお楽しみいただけます。

首里金城町石畳道を歩く: 首里城からの帰り道は、かつて主要道路だったこの趣ある石畳を通り抜けます。樹齢300年の美しいアカギの大木の横を歩きながら、数世紀前の沖縄の生活について想像を巡らせてみてください。

午後

お土産を買う: 沖縄は陶器が有名です。那覇の壺屋地区の魅力的なお店を巡り、6代続く家族経営の窯元「カマニー」にお立ち寄りください。特別なお土産に相応しい美しい陶器の数々が並んでいます。

カクテル作り体験: ザ・リッツ・カールトン沖縄のカクテルクラスでは、レシピやテクニックからグラス磨き、裏技などの説明を交えてカクテル作りをご体験いただけます。主に長粒種米を使った沖縄のお酒、泡盛を使った特製カクテルの作り方を学び、実際に味わっていただきます。

ロマンチックな夕日: 沖縄での最後の夜には、美しい夕日をぜひご覧ください。琉球石灰岩でできた海を見下ろす崖、万座毛からは、太陽が水平線に沈む様子を眺めることができます。

チャオ、沖縄: 沖縄の高級イタリア料理レストラン「ちゅらぬうじ」でのディナーをお楽しみください。新鮮な地元の野菜、肉やシーフードを使用して、ウニのスパゲッティ、豚肩肉グリルと豆腐よう、泡盛のリゾットなど、沖縄風にアレンジした伝統的なイタリア料理をご提供します。

午前

朝日にあいさつ: 目が覚めたら、海を一望する「グスク」のテラスで行われる朝のヨガセッションに参加して、心穏やかな一日をスタートしましょう。

海中探検: 沖縄を探索する日程が一日しかなければ、シュノーケリングをスケジュールに入れるのは難しいかもしれません。それでも海洋生物を見てみたい場合は、珊瑚礁を360度見渡せる海中展望塔があるブセナ海中公園がおすすめです。時間に余裕があれば、グラス底ボードに乗って20分間の海中散策に出かけましょう。すぐ近くで熱帯魚が泳ぐ様子を見ることができます。

昼下がり

史跡: 19世紀まで沖縄には琉球王国がありました。沖縄本島には5つの城があり、今帰仁城跡は木々が茂る森の中にあります。ユネスコ世界遺産に登録されているこの城跡まで美しい景観を眺めながら散策しましょう。歴史文化センターではその歴史を詳しく説明しています。

午後

楽園に続く橋: 通行無料の全長1,960mの橋を渡るとそこは古宇利島。「L Lota」でのランチをお楽しみください。赤坂シェフが沖縄本島北部の地元食材を中心に新鮮でイマジネーション豊かな料理をご提供します。180度にわたって広がる海のパノラマビューとともに、リラックスしながらワインを飲み、美味しい料理を味わうひとときをお過ごしください。

ビーチへ: 島の北側には海の水がとてもきれいなトケイ浜があり、砂浜から魚が泳いでいる様子を見られるかもしれません。トケイ浜の東側にはティーヌ浜があります。海に続く道を歩いていくと人気のハートの形をした岩が見えます。タイミングが合えば、絶景の夕日を眺めることもできます。

クッキングショー: ザ・リッツ・カールトン沖縄に戻り、お好きな高級レストランを選んでディナーをお楽しみください。沖縄料理を味わいたいお客様は、「グスク」で沖縄スタイルのショートリブとソーキそばをお楽しみください。食事にエンターテイメントをお求めのお客様は、シェフが目の前で調理する様子を見られる鉄板焼き「喜瀬」がおすすめす。

お休み前の一杯: 「The Bar」でドリンクを飲みながら一日を締めくくりましょう。泡盛をベースにコアントロー、ダークラム、黒砂糖、フレッシュライム、ミントの葉をミックスした特製カクテル「喜瀬モヒート」をぜひお試しください。