Skip to Content

ザ・リッツ・カールトン沖縄(所在地:沖縄県名護市喜瀬1343-1 総支配人:佐々木 孝司)に、ヨーロッパや中東諸国、アジア圏内の5つ星ホテルやミシュランの星を獲得したレストランで シェフとして豊富な経験を積んできたアルベルト・クツィット(Alberto Cuzzit)が総料理長として就任 いたしました。今後、ホテル内のレストランをはじめ、ザ・バーやザ・ロビーラウンジ、ウエディングに いたるまで、ザ・リッツ・カールトン沖縄が提案する上質かつ独創的なダイニングエクスペリエンスを提供してまいります。

 イタリア、トレヴィーゾ出身のアルベルトは、1997年にイタリア、ベニスにある「ホテルバウアー & スポーツ(Hotel Bauer & Sporting)」から料理人としてのキャリアをスタートさせました。その後、同ベニスに位置する5つ星ホテル「モナコ & グランド カナル(Monaco & Grand Canal)」や、同国ボルツァーノの「パークホテル ラウリン(Parkhotel Laurin)」、さらには、アラブ首長国連邦、ドバイの5つ星ホテル「アルマーニホテル ドバイ(Armani Hotel Dubai)」や大韓民国、ソウルの 「コンラッド ソウル(Conrad Seoul Hotel)」をはじめとする最高級ホテルやミシュランの星付きレストランで研鑽を積みました。

また、アルベルトは、2016年にその活動の場を日本に移し、大阪市の「スイスホテル南海大阪(Swissôtel Nankai Osaka)」で副総料理長として腕をふるってきましたが、世界各国の一流店を舞台にトップシェフのもとで培った感性と技術、そして、様ざまな食文化に触れることで習得した幅広い知識が高く評価され、この度、ザ・リッツ・カールトン沖縄への総料理長就任となりました。

素材の個性を生かしシンプルで豊かな味わいを大切にする彼の哲学は、店を訪れるゲストの皆さま お一人おひとりにとって、生涯忘れることのできない旅の思い出とストーリーをつくり出すことに集約されています。創意工夫に富み最高の一皿を完成させるアルベルトのメニューの数々をぜひご堪能ください。

「この度、ザ・リッツ・カールトン沖縄で仕事ができることを大変うれしく思っています。私は これまでヨーロッパ、中東、アジアなど、世界各地で展開しているラグジュアリーホテルやレストランで経験を積み料理人としてのスキルを磨いて参りました。沖縄独特の食文化や食材と真摯に向き合い、当ホテルを訪れるゲストの皆さまに“沖縄での心に残る食の体験”をご提供し、またその経験や感動を つくり出すお手伝いができる多くの料理人を育てていくことが私の今後の職務であると考えています。沖縄の地で、皆さまにお会いできることを楽しみにしております。」
(ザ・リッツ・カールトン沖縄の総料理長 アルベルト・クツィットのコメント)