ベイビュー、スカイラインビュー、パークビューから選べる眺望

スイート&客室

rcBreakText rcBreakWhiteText

147室の客室と20室のスイートのモダニズムデザインは、福岡という土地の個性を反映しています。仕上げやアートワークには、竹細工や博多織といった地元の工芸品や、古くからアジア大陸との交流の玄関口であったこの土地の歴史をイメージした遊び心のあるデザインを取り入れています。19階から23階までのフロアに広さ50㎡以上のゆとりある客室をご用意。眺望は、ベイビュー、スカイラインビュー、パークビューからお選びいただけます。

ホテルの中のホテル
ザ・リッツ・カールトン・クラブレベル

完璧に整えられたご自宅のようにくつろげる居心地のよいザ・リッツ・カールトン・クラブは、快適さと高級感を兼ね備え、伝説的なラグジュアリー体験をさらに引き立てます。魅力的なお料理の数々を一日中お楽しみいただけるほか、バーやプライベートルームもあり、小規模会議の開催にも便利です。専任のコンシェルジュが、お客様のご要望にきめ細かくお応えします。

 
ザ・リッツ・カールトン クラブレベルでワンランク上のご滞在を
Welcome Drink

温かい歓迎

クラブフロア特典付きのスイートと客室にご宿泊のお客様は、ご到着後、お客様のご要望にきめ細かくお応えする専任のクラブスタッフが常駐するリッツ・カールトン・クラブのリラックスした空間へご案内いたします。チェックイン時には、八女産の紅茶に柚子の皮と梅シロップをブレンドした爽やかなウェルカムドリンクでおくつろぎください。これは、福岡ご滞在中にお楽しみいただく数々の地元の味覚の最初の一品です。

Afternoon Tea at The Club

本やお菓子で小休止

観光や会議で忙しい朝を過ごされた後は、街の高台にあるクラブラウンジで、ライブラリーの本や、季節のアフタヌーンティーとスイーツ、セイボリーを楽しみながらおくつろぎください。

Signature cocktail

一日をスタイリッシュに締めくくる

オードブルプレゼンテーションでは、ディナータイム前の軽食もご用意しております。また、食後のスイーツとコーディアルのサービスでは、プライベートブランドのシャンパンや、八女産の高級抹茶を使った抹茶モヒートなどのカクテルもお楽しみいただけます。

金曜日のジャズ

バーや個室を備えたザ・リッツ・カールトン・クラブは、ビジネスや社交のお集まりに便利な空間です。金曜の夜はジャズの生演奏をお楽しみください。バーでお好きなドリンクをご注文になり、スウィングするサウンドに身を任せましょう。

スカイハイブレックファスト

陽光が降り注ぐホテルの最上階で、エッグベネディクトやお好きな朝食メニューでおくつろぎください。九州各地から調達した地元の高級食材がオーブンで焼き上げたばかりの人気のパンとともに並び、冷蔵庫には冷えたフルーツが満載です。一日の始まりには、朝日の暖かい光に包まれながら、くつろいだご自宅のようなお食事を楽しむのが一番です。

地元の味覚を楽しむ

福岡の食文化は活気に満ちており、土地柄が強く感じられる心のこもった料理で有名です。当クラブのランチメニューには、福岡の定番料理をご用意していますので、天候やスケジュールの都合で、市内で昼食を楽しめないという場合でもご心配は無用です。

ダイナミックな都市の静かなオアシス
ラグジュアリーなスイート

角に位置する20室のスイートには5つのタイプがあり、そのすべてが完全なリラクゼーションをお届けするようにデザインされた広々としたリビングルームを備えています。天然木やさり気なくあしらわれた地元の伝統工芸である漆塗りの竹編細工や博多織のテキスタイルが、バスルームを彩るモンテカルメログラニット独特の表情豊かな模様とともに、洗練された雰囲気を醸し出します。角に位置するこれらのレジデンスからは、三方を山に囲まれ、博多湾に面する活気あふれる港町であり、文化の中心地でもある福岡の街並みを一望できます。この景色を前にゆっくりとおくつろぎになり、ザ・リッツ・カールトンが受け継いできた真のホスピタリティをご堪能ください。

クラブラウンジ ライブラリー
クラブラウンジ ライブラリー
2つの最上級スイート

ザ・リッツ・カールトンスイート

広さ188㎡のザ・リッツ・カールトン・スイートは、当ホテル最大のゲスト用レジデンスで、専用キッチンと8名様までのダイニングルームを備え、ゆったりとしたプライベートなお食事をお楽しみいただけます。バスタイムは、博多湾のきらめく景色を一望できるバスタブでおくつろぎくだい。天然木が洗練された雰囲気とミニマリストデザインを際立たせ、日本の文化や工芸に関する優雅な書籍が全体を引き立てています。

リッツ・カールトンスイートのベッドルーム
2つの最上級スイート

プレジデンシャルスイート

23階にあるプレジデンシャルスイートでは、132㎡のお部屋全体から素晴らしい眺望をお楽しみいただけます。ベッドルームには博多湾と行き交う船の風景が広がり、リビングルームの印象的な窓からは、緑豊かな大濠公園、福岡の街並み、その向こうに広がる脊振山地や筑紫連山が見渡せます。

プレジデンシャルスイートのリビングルーム
その他の魅力的なスイート
プレミアムスイートのベッドルーム (ドアを閉めたところ)

プレミアムスイート

玄関でお出迎えする神秘的な肥前狛犬から、リビングスペースを飾る竹籠、ベッドルームの襖を覆う博多織のテキスタイルまで、プレミアムスイートは九州の伝説と芸術を称えるものになっています。87㎡のこのレジデンスでは、天然木のフローリングのヘリンボーン模様さえも、誇り高き地元の織物の伝統にさりげなく敬意を表しています。

デラックススイートのリビング

デラックスキングスイート

キングサイズベッドを備えた広さ75㎡のスイートでは、モンテカルメロの花崗岩で作られた豪華なダブルシンクから市街の眺めをお楽しみいただけます。この華麗なブラジル産石の目を引く模様は、シャワールームにも施されています。

デラックススイートのダブル

デラックスダブルスイート

デラックスダブルスイート同様、75㎡のこのレジデンスは、息を呑むような景色を望む広々としたリビングルームに面しています。モンテカルメロのグラニットで作られた豪華なダブルシンクからは、市街の眺めもお楽しみいただけます。人の目を引く模様のあるこの華麗なブラジル産の石は、シャワールームにも使用されています。

シルクロードとのつながりを体感
インスピレーションあふれるデザイン

ホテルの空間全体に取り入れた屏風や彫刻、絵画、織物は、福岡とアジア大陸との深いつながりを物語っています。博多湾は、記録にある最も古い時代から、洋の東西を結ぶ交易路シルクロードを往来する船乗り、僧侶、商人たちにとっての出発点であり、玄関口でもありました。当ホテルのデザインプログラムは、この土地の雰囲気を尊重し、織物、漆器、陶器、竹工芸などの工芸の伝統と、福岡生まれで日本を拠点に活動するアーティストたちの作品を丁寧に重ね合わせ、壮大さを表現しています。